降水量分布で満足度アップ

降水量分布で満足度アップ

どもども!!Raintoneです。

降水量分布って普段見てますか?
天気予報で使われる、降水量の予報です。

「そんなの見る時間ないよ!」
…という方、多いですよね。

でも、天気と上手に付き合うために、とても大事な予報なんです。
降水量分布の使いどころを紹介します!

マイナーだけど大事

降水量分布は気象庁が毎日公開しています。
どこに、どれくらいの雨が降るかを予測するものです。
降水確率では分からない、細かい場所や降水量の情報を補ってくれます。

雨の強さや広がりを色で表します。
青は雨が少なく、赤やオレンジ色になると雨が多いことを意味します。

本当の意味

予報の単位は「ミリメートル/時間」です。
例えば、午後3~午後6時までに、
ある地区で5ミリメートルの降水量分布だった場合
3時間の間に、
1平方キロメートルの範囲で
5リットルの雨が降ることを意味します。

どれくらい正しい?

2022年の降水量分布は、48%~208%の範囲で当たっていました!

つまり、50ミリメートルの予報だった場合、
24~204ミリメートルの範囲で
実際に雨が降ることになります。
気象庁は、毎年降水量分布の精度を公表しているんです。

使いどころはこんな時

降水量分布は、すでに雨が降っていて外出するときに便利です。

  • 小雨で済むから折りたたみ傘を持っていく
  • 大雨だから長傘を持っていく
  • 雨の範囲が広いからレインブーツを履いていく

こんな時に頼りすると、レイングッズを使った時の満足度がアップします!

ブログに戻る

天気が好きになるアイテムを販売中

  • 日傘と晴雨兼用傘の大きな違い

    日傘と晴雨兼用傘の大きな違い

    突然ですが、日傘と晴雨兼用傘の違い、知ってますか?実は、明らかな違いがあるんです。様々な傘を使ってきた経験から、日傘と晴雨兼用傘の違いをお伝えします。

    日傘と晴雨兼用傘の大きな違い

    突然ですが、日傘と晴雨兼用傘の違い、知ってますか?実は、明らかな違いがあるんです。様々な傘を使ってきた経験から、日傘と晴雨兼用傘の違いをお伝えします。

  • 傘骨の素材は〇〇がGOOD!

    傘骨の素材は〇〇がGOOD!

    傘を支える傘骨。 グラスファイバー、カーボンファイバー、アルミ合金、スチール、プラスチック 様々な素材の傘がありますが、結局どの素材がいいのか、分かりにくいですよね?様々な傘を試した経験と、傘オタクの知識から、おすすめの傘骨をお伝えします。

    傘骨の素材は〇〇がGOOD!

    傘を支える傘骨。 グラスファイバー、カーボンファイバー、アルミ合金、スチール、プラスチック 様々な素材の傘がありますが、結局どの素材がいいのか、分かりにくいですよね?様々な傘を試した経験と、傘オタクの知識から、おすすめの傘骨をお伝えします。

  • 世界一簡単な傘のアフターケア

    世界一簡単な傘のアフターケア

    自分で買ったお気に入りの傘できれば長く使っていきたい。でも、傘を長持ちさせるために何をすればいいかのか分かりにくいですよね? 私も過去、何本も傘をダメにしてしまいました…。試行錯誤した結果、一番楽だった方法をお伝えします。

    世界一簡単な傘のアフターケア

    自分で買ったお気に入りの傘できれば長く使っていきたい。でも、傘を長持ちさせるために何をすればいいかのか分かりにくいですよね? 私も過去、何本も傘をダメにしてしまいました…。試行錯誤した結果、一番楽だった方法をお伝えします。

1 3