ラニーニャ現象っていつかくるの?

ラニーニャ現象っていつかくるの?

どもども、Raintoneです。

 

皆さん、ラニーニャ現象って知ってますか?
最近発生しているエルニーニョ現象と似た言葉ですよね。

実は、エルニーニョ現象の後にラニーニャ現象が発生しやすいと言われています。
ラニーニャ現象のときに知っておくと便利なことを紹介していきます。

どんな現象か?

太平洋赤道付近の海面温度が平年から-0.5℃下がる現象です。
高気圧の動きが変わり、日本の天気にも大きく影響します。

発生する期間や時期は?

期間は一定ではなく、3ヶ月〜10ヶ月続いたことがあります。

エルニーニョ現象が終わった翌年50%の割合で発生していますが、詳しい原因は分かっていません。

2023年現在、ラニーニャ現象は発生していません。

発生すると日本の天気はどうなる?

ラニーニャ現象が発生すると、季節ごとにこんな変化があります。

  • 春:東日本太平洋側で降水量が多く、日照時間が少なくなる。
  • 夏:気温が高くなる。沖縄では降水量が多くなる。
  • 秋:北日本日本海側で降水量が多く、西日本で降水量が少なくなる。
  • 冬:気温が低くなる。

おすすめの対策

夏の暑さ、冬の寒さが極端になるので、熱中症対策グッズや冬物コートを揃えておくのがおススメです。
地域によっては雨が多くなるので、レイングッズの出番が多くなりそうです。

ここからは宣伝ですが(笑)
晴雨兼用傘を持っておくと、熱中症対策と雨対策が両方できるのでお得ですよ!
当店で販売しているので、是非買ってください!

ブログに戻る

天気が好きになるアイテムを販売中

1 3